トップ > Software > LaUnch

LaUnch

概要

launch_web.png
名称LaUnch 〜ラゥンチ〜
動作環境.NET Framework 2.0 とそれなりのパソコン
OSMicrosoft Windows 2000/XP/Vista ぐらい

キー入力やマウスで操作できるキーボードライクな表示のアイコン型プログラムランチャー。
ソフト名を区切って読んではいけない。

  • コンセプト
    • ランチャーの基本機能をおさえ、キーボードでもマウスでも快適な操作性を目指す。
    • デザインコンセプトは Simple is best で、キーボードライク。
  • 機能
    • アイテムの登録はドラッグ&ドロップやメニューから可能。
    • タスクトレイに常駐(トレイアイコン非表示も可)。
    • 画面端へのマウス移動、ホットキー、トレイアイコンクリックの3つの方法で起動可能。
    • デザインのカスタマイズもある程度自由に行える。
    • exe 以外にもファイル・フォルダを登録可能。
    • アイテム登録と同時にショートカットキーが決定される。

窓の杜のレビューで紹介していただきました

ありがとうございます♪

ダウンロード

使用方法

インストール・アンインストール等

インストール
適当なフォルダにアーカイブを解凍して LaUnch.exe を実行する。
アンインストール
レジストリは使用していないのでインストール時に解凍したフォルダを丸ごと削除する。
移行・データのバックアップ
データは全て同フォルダの XML ファイルに保存しているので、それらを全てコピーする。
データのリセット
データを全てリセットするには LaUnch が起動していない状態で、フォルダ内の XML ファイルを全て削除して、起動する。

基本操作

  1. ホットキー、マウスポインタの移動(デフォルトで画面右下隅)、タスクトレイアイコンのクリックなどで、メインウィンドウを表示できる。
    screenshot1.png
  2. アイテムの登録
    • アイテムの登録は、ボタンの上に直接ドラッグ&ドロップするか、ボタン上の右クリックメニューから「アイテムの設定」を選ぶ。
      screenshot2.png
    • 通常状態と Shift キーを押した状態でそれぞれ 40 個のアイテムを登録できる。
    • 実行ファイル以外にも、各種ファイルやフォルダを登録できる。
  3. 登録したアイテムを起動するには、そのボタンをクリックするか、表示されているキーをタイプする。
  4. アイテムを他のボタンに移すには Ctrl キーを押しながらドラッグ&ドロップする。
    このとき Shift キーを押していればシフト状態に、押していなければ通常状態に移動される。(ちょっとややこしい)
  5. オプションからデザインや表示方法などを変更できる。
    効果についてはそれぞれ実際にやってみるのが一番早いと思うので、試していただきたい。
    screenshot3.png
    screenshot4.png

質問・バグ報告

バグ取り、機能改善は積極的に行いますので、ドシドシ意見いただければ幸いです。

こちらから

既知のバグ・不具合

日付区別内容対応
09/04/13Dランチャーをマウス位置に表示する。
09/03/18Bソフト終了時にアイテムデータが保存できていない場合がある。
09/02/20Bオプション適用時に例外が発生する。報告
09/02/19Dスタートメニューからドロップした Office の
ショートカットのリンク先が取得できない
09/02/14BVista でシャットダウン時にファイル系の例外が発生する。
それが原因でシャットダウンができないことがある。
(2010/08/31 13:35:41)
15672
プロフィール

Kenz Yamada(山田研二)。1984年生。大阪。ちょっとずつ好きなプログラム作ってます。 好きなものはカメラと旅行。ガジェットや身の回り、ちょっとこだわります。 詳しくは Web mixi で。

Bookmark and Share