トップ > Tech > CSharp > コード・スニペット

コード・スニペット

コード・スニペットとは?

頻出コードを高速に入力できるので非常に便利。

だが、ゆえにソラで構文を打てない人は使うべきでない。たぶん構文を覚えられなくなってしまう。(何人かの後輩は犠牲になった。)

詳細な解説は @IT のページ に譲る。

自作するには

基本的に XML なので、作成して

<My Documents>\Visual Studio 200x\Code Snippets\Visual C#\My Code Snippets

に放り込めばよい。

が、タグが面倒なので、専用ソフトを利用したほうがラク。

ソフトウェア

@IT によるとこれがいいらしいので、利用している。

Snippy

標準のコード・スニペット

VS 標準でもけっこう多くの役立つものが含まれている。

私がよく使うのは

  • for (for 文)
  • prop (set, get アクセサをもったプロパティとバックフィールド)
  • region (#region ブロック)

など。

自作コード・スニペット

かゆいところに手が届くようにいくつか自作して使っている。作成方法はこちらを参照。

ダウンロード

含まれているファイルとショートカット一覧

  • DebugWriteLine.snippet
    • dw
  • Region.snippet
    • region
  • Property.snippet
    • pro
    • proattr

使い方

解凍した .snippet ファイルを

<My Documents>\Visual Studio 200x\Code Snippets\Visual C#\My Code Snippets

に放り込めばよい。

参考

@IT - C#で独自のコード・スニペットを登録するには?

(2010/03/25 17:26:26)
6904
プロフィール

Kenz Yamada(山田研二)。1984年生。大阪。ちょっとずつ好きなプログラム作ってます。 好きなものはカメラと旅行。ガジェットや身の回り、ちょっとこだわります。 詳しくは Web mixi で。

Bookmark and Share