トップ > Tech > CSharp > 定義済みデリゲート型

定義済みデリゲート型

一覧

.NET Framework に標準で定義されているデリゲート型の一覧を示す。

デリゲート型.NET バージョン
void Action()3.5
void Action<T>(T obj)2.0〜
void Action<T1, T2>(T1 arg1, T2 arg2)3.5
void Action<T1, T2, T3>(T1 arg1, T2 arg2, T3 arg3)3.5
void Action<T1, T2, T3, T4>(T1 arg1, T2 arg2, T3 arg3, T4 arg4)3.5
TResult Func<TResult>()3.5
TResult Func<T, TResult>(T arg)3.5
TResult Func<T1, T2, TResult>(T1 arg1, T2 arg2)3.5
TResult Func<T1, T2, T3, TResult>(T1 arg1, T2 arg2, T3 arg3)3.5
TResult Func<T1, T2, T3, T4, TResult>(T1 arg1, T2 arg2, T3 arg3, T4 arg4)3.5
int Comparison<T>(T x, T y)2.0〜
TOutput Converter<TInput, TOutput>(TInput input)2.0〜
bool Predicate<T>(T obj)2.0〜
void MethodInvoker()1.0〜
  • 一般的には Func<T...> あるいは Action<T...> でほとんどまかなえる。
  • Func 系は最後の指定子が戻り値なので、注意。
  • 3.5 未満で引数なし戻り値なしの場合は MethodInvoker を用いる。

参考

@IT - .NET Tips 汎用的に使用できる定義済みのデリゲート型は?

(2010/03/25 17:26:27)
5765
プロフィール

Kenz Yamada(山田研二)。1984年生。大阪。ちょっとずつ好きなプログラム作ってます。 好きなものはカメラと旅行。ガジェットや身の回り、ちょっとこだわります。 詳しくは Web mixi で。

Bookmark and Share